2014年6月アーカイブ

FCV (燃料電池車) をトヨタが発売予定・・・

水素と空気中の酸素を反応させて発電し、排出されるのは水(H2O)だけという究極の車がいよいよ市販される事になった模様です。これに関する日経の記事はこちら

カゾリンは作り出す事が出来ない化石燃料ですが、水素は電気さえあれば水の電気分解等で容易に作れる事から、将来は電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)が主流になると言われています。

風の王国プロジェクトが大規模な風力発電とメガソーラーを推進している理由は、国産のエネルギーを一刻も早く安全に生産する必要があると考えるからです・・・

本日6月5日、表記の委員会が県正庁で開催された。

昨年の委員会で講演された経産省の村上課長の熱のこもった講演もあり、相変わらず傍聴席は満席の活況を呈していました。

今回の特徴は前回までと違い、県漁協の他に三地域の漁協組合長が名簿に名を連ねていて、いよいよ本格的に秋田の洋上風力が動き出した感じがします。

乞うご期待・・・

県庁委員会14-6-5m.jpg

カテゴリ

月別 アーカイブ