2013年5月アーカイブ

5月2日にお伝えした大手資本による大潟村の風力発電計画に関する「日本野鳥の会」関連の記事が今日5月24日の秋田さきがけ紙の28面に掲載されましたので報告します。

5月24日さきがけ.jpg

本日5月10日、一面に風力発電事業の新会社の記事が掲載されました。

5月10日さきがけms.jpg

昨日のTVニュースの内容の詳細が報じられています。

本日の夕方のニュースによれば表記の会社が設立されました。

a-wind-1m.jpg

出資企業は大館製作所・タプロス・千代田興業・千代田電気工業
・日本電機興業・秋田銀行・・・との事で、オール秋田のメンバー構成。
秋田港から潟上海岸までの県有地を使って2.5MW機を10基規模の発電サイトを計画中で、
メンテナンスなど地元の雇用の創出も目指す・・・と伝えられました。
この海岸は下のイメージ写真の海岸で、県内の残り少ない好条件の風資源です。
風車のある風景img-m1.jpg
風の王国としては県内企業がみんなで25基全体を目指すべきだと考えている為、
今後の県内企業の団結に大いに期待しています。

1件目・・・世界水準の省エネ記録を競います。

ゴールデンウィーク後半の4日と5日に大潟村でワールドエコノムーブが開催されます。19年前に始まったEV(バッテリーカー)の省エネレースが今年も開催されます。144Whのエネルギーで優勝記録はなんと90km(2時間)を走破しています。言い換えれば電球1個分のエネルギーで時速45km/hで走る事になります。海外も含めて各地で広がりを見せているEVの省エネレースですが、発祥の地「大潟村」の大会を是非ご注目下さい。(全国から56チームの学生やエンジニアが集結します)
来年は20回記念大会になりますので、近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

http://www2.ogata.or.jp/wem/emindex.htm

エコノムーブms.jpg

2件目・・・風力発電計画
4月26日の秋田さきがけ1面にこんな記事が掲載されました。

4月26日さきがけ-m.jpg

各地からこの計画は「風の王国」の関連ですか?・・の問い合わせが寄せられています。

風の王国関連では既に2011年2月にFS調査(実現可能性調査)を終えていて、勿論大潟村での大規模風力発電の計画は提案済みですが、あくまで村民が主体である事を前提にしています。

それらをきっかけに村では現在風力発電の検討委員会が立ち上がっています。新聞記事の計画が村民が主軸メンバーになって進む計画であれば大歓迎ですが、まだその方向性が未確認なので注目されています。
主体になっている企業が秋田県と大潟村にとって良質なパートナーである事を期待しています。

カテゴリ

月別 アーカイブ